金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

私の茶飲み話

仏教のあれこれを私の角度から

お供物のルールは自分で

福猫や色々お祀りされている方からの質問。 一日は全部の神様にお供物あげているけど、たくさん神様いるので毎日あげてるのは福猫さんだけですが、それだといけませんか?という質問。 福猫ちゃんは愛らしく親しみやすいので話しかけたり、ついつい皆さんお…

お供えは故人とともにおいしく食べましょう。

亡くなった方にお供えしたいけど本当に届くの?という疑問。 亡くなったほとけさまは佛壇にもお墓にもいない。 それは故人とつながるための場でしかないのです。 だから本当に差し上げたいものをお供えしたら、そのあと下げて一緒に食べてあげるのがいいと思…

顕教/密教 御祈祷の違い

少々難しい質問 顕教の御祈祷と密教の御祈祷はどう違うか? 真言宗などでは顕教は密教には及ばないという見解である。 日蓮宗では逆に密教はじめ諸経の説くところは総じて法華経に及ばぬと考える。 天台は両方あるがどう考える?と聞かれた。 天台は顕密双修…

三十七尊住心城

oomorigijyou.hatenablog.com ここで大森先生が言われている仏像にお経をあげるのは内在の仏にあげるということは実に大事である。 修行も内在の仏を磨きだすためのものだ。 仏の世界の入り口は外にあるのではない。「本覚讃」に「三十七尊住心城」というが…

供養についての質問

仏教では人の魂は49日過ぎたら転生するという けど・・・。 だとすると追善供養はどこに届くのでしょうか?という質問。 どこに転生しても届きます。 極楽はもちろん、この世に生まれ変わってきてもバックアップになる。 天界などはあの世と続いたイメージで…

アベベ選手のお土産

前の東京オリンピックの時、2個の金メダルを取ったエチオピアのアベベ選手は 水道が整備されていなかった当時のエチオピアへのお土産にあるものを大量に買った。 なんとそれは水道の蛇口だ。 彼は日本各地で蛇口をひねりさえすれば水が出ることをまるで魔法…

初地の菩薩

先の四つの仏土の中で「実報無障碍土」は初地以上の菩薩のいく浄土と言いました。 初地の菩薩とはなんでしょう。 三阿僧祇劫という菩薩の長い修業期間。これを歴劫修行(りゃくこうしゅぎょう)といいます。 全部で五十二段階ある菩薩の第四十一番目にあたる。…

四つの仏国土

もうじきお盆ですね。おじいちゃん極楽にいってるかなあなんて思うこともありましょうが・・・ 天台では仏の住む国土は四種類あります。 1 凡聖同居土 聖者も凡夫もいる世界。釈尊在世のこの世もそうでした。 極楽も凡夫が往生できる世界なので天台の考えで…

摩訶止観の十非心  その1 火途道

天台大師の摩訶止観には修行者が陥ってはならない十種類の心が説かれています。 大変興味深いので皆さんとともに見ていきたいと思います。 十非心 我等いま衆生と共に大菩提心を起す。先ず十非の心相を簡却すべし。凡そ十非の心相とは 一つには その心念々に…

根のある人生と先祖供養

先祖はわれわれが植物とすれば根っこです。 先祖供養、お施餓鬼などをして先祖につながる。それ、根のある人生ですね。 逆は根のない人生。 根のない人生は一時的に栄えても切り花のような人生に終わる。 根は隠れて見えないけど大事です。 むかしの名家は皆…

施餓鬼をより理解する その2

「また願わくは 汝ら昼夜恒常に 我を擁護して我が諸願を満せんことを。 願わくはこの食を施す所生の功徳、あまねくもって法界と有情に回施しめて、諸々の有情とともに同じくこの福をもって、真如法界 無上菩提 一切智智に回向して、願わくは速やかに成仏して…

施餓鬼をより理解する その1

不空三蔵(弘法大師の師匠の師匠)というお坊さんが訳した施餓鬼の儀軌にある発願文を見るとお施餓鬼がよりはっきり理解できます。 「仏子、それがし(行者のこと)発心して、一器の浄色を奉持して、あまねく尽虚空周辺法界微塵刹中所有国土の一切の餓鬼に施す …

お施餓鬼はあの世の福祉

施餓鬼って何ですか? よくわからないんですけど‥‥という質問もいただきます。 うちのおじいちゃん餓鬼になってるの?あの世で…という質問も。 いえいえ、施餓鬼はそういうことを言うのじゃないんですね。 平たく言えば成仏しないでさまよっている霊を集めて…

大日如来のつくウソ

昆虫の中にはハチそっくりのカミキリムシや蛾もいます。 蛇でも毒蛇に見える無毒種もいれば、植物にもそういう種類があります。 枝に見える尺取り虫もいる。切株に見える鳥もいる。 これらの擬態は天地自然が武器として彼らに与えた一種のウソです。 言い換…

地蔵菩薩本願経見聞利益品偈 3

貧窮眾生及疾病, 家宅兇衰眷屬離 貧窮あるいは疾病を得、家宅凶にして破れ、家族離散し 睡夢之中悉不安, 求者乖違無稱遂, 夜は不安にして悪夢にさいなまれ、求めるものは悉く意に反す。 至心瞻禮地藏像, 一切惡事皆銷滅, かくのごときも至心に地蔵を礼…

地蔵菩薩本願経見聞利益品偈 2

欲修無上菩提者, 乃至出離三界苦。 無上の悟りを得、もしくは三界の苦をまぬかれようと思わば 是人既發大悲心, 先當瞻禮大士像, この人大悲の心をもってまずまさに地蔵菩薩を礼すべし 一切諸願速成就, 永無業障能遮止。 一切の諸願は速やかに成就し、永…

地蔵菩薩本願経見聞利益品偈 1

地蔵菩薩のお経としてよく読誦されるのは和製の延命地蔵菩薩経 そして地蔵菩薩本願経の「属累人天品」か、この「見聞利益品偈」でしょう。 ここでは礼拝要点にも記載がある「見聞利益品偈」を見ていきます。 まず意訳します。 吾觀地藏威神力, 恆河沙劫說難…

心映えということ

日本には心映えということばがある。 心をあらわすことだ。 思いやりとも違う。 思いやりは誰かを思ってのこと。 心映えは似てはいるが自分の心をあらわすこと。 心映えとは特定のだれかのためを考えての思いやりのような対処的なものではない。 むしろ「常…

日天子と日光菩薩 大日如来

日天といえばスーリヤという印度由来の太陽の神様。 薬師さまのおつきの日光菩薩とどう違うのか? 日天は太陽の恵みの神格化ですね。 日本で言えば天照大神ですが、そこも少し違う。 天照大神は皇祖、民族神の要素がある。 いわばトーテミズムがあり、大和民…

悩みの細切れ

悩みって必要だから悩む。 悩んで結論でる。 本来はそう言う機能。 全く悩まないのは病気です。 ハッキリ言って必要です。悩みは。 でも無駄に悩む病気もある。 鬱病の原因。 そういうのは仏教に対峙する方法がある。 悩みを時間別で細切れにする。 金剛経の…

信仰の足りてる人などいない

親鸞聖人は、念仏に決定的な秘事口伝があると誤解して関東から彼のもとに押し寄せた人々に 「念仏が真に往生の道かそうでないのかは知らない。私においては師である法然上人を信じて念仏を頼みにするのみ。 たとえ法然上人に随うことが間違いで地獄に落ちて…

刹那滅と因果

「刹那滅」と言う考えがあります。 事物は生起(しょうき)して即座に滅するその繰り返しと言うことです。 ですが一方で習気(じっけ)と言う考えがある。 これは刹那滅とは真逆の考えです。 物の繰り返しは慣性を作るという考えです。 本当に刹那滅ならこれはお…

人生に問題はなくならない 

世の中にいやなこと、つらいこと・・・それらは厳密に言うなら永遠になくなりません。 そうだとするなら一々シャカリキになって気にしなくてもいいんです。 ひとつ終わればどうせ次にまた頭の痛いことは用意されてる。 どうせなくならないんです。煩悩無尽誓…

プレッシャーの全くない世の中はgoodなのか?

人が不快に思うことはすべてダメ 叱るのも相手が不快に思っては駄目。 やんわり注意して駄目ならやめてもらう。 親身になって𠮟る人は下手すれば罪人になる。 それが世界の標準だと思っていたら大間違いだと思う。 日本人はひたすらバカになっていく。 人と…

自己価値の話

自己価値は多分に人の賞賛や評価によります。 それは基本的に間違いではない。 われわれ人間はコロニー(社会)を作る動物なのでそのように出来ているわけです。 つまり自分以外の人からの評価をもらって自分を測っている。 評価がもらえなかったり、強烈なマ…

善悪不二の観念と難病祈祷

最新の医学では怖ろしい外敵であるウイルスは遺伝子強化、内在するガン細胞も細胞増殖と言う機能や役割を持っているという。 まさに諸刃の刃だが実はほとんどすべてのものはそうしたものだというのが仏教の立場です。 善悪不二。 一神教のように善悪を真っ二…

諸神諸仏の答えは同じ

法華経に「諸仏の御言は異なることなし」と言います。 昔のこと、さる比叡山の僧が生活がままならずに山王権現に祈願していました。 山王権現は比叡山一山はもちろん天台諸宗の守護神。 だが、一向に生活はよくならない。 ついに業を煮やしてほかの神様に鞍…

毒が見えることの大事さ

世の中には統べて世のため人さまのためで自分のことなんか・・・とか。 二言目には有難い!有り難い!と言う人いうことを言う人もいる。 本当にそう思うなら結構毛だらけだ。 まあ、俗人でもスダッタやダールマキルティのような大長者になれば余裕でそう言え…

地獄は一定住処ぞかし

他宗のものが言うべきことでもないですが・・・夕べ 講員でかつ真宗の檀徒さんから質問あって、親鸞さんについて私の拙い考えをちょっといいます。 歎異抄 第二章からの言葉です。この書はお弟子の唯円さんが親鸞さんのそばにいて 「異安心」を嘆いているの…

猪面の女神の謎

猪面の女神と言えばヴァラーヒー、ビシュヌの化身ヴァラーハの配偶者ですが、 チベット仏教ではバジュラヴァラーと言うダキニの親玉。 でも普通の人間顔の女神で頭の横から猪面が出ている。 これが絶叫すると悪神も妖魔も畏れなびくという。 この像は猪面な…