金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

武術談義の花


昨日は私が一番初め古流柔術を学んだ先生のことでお二人の武術家がお見えになりました。
おふたりとももう道場で久しくお弟子をもたれて指導されているレベルです。

私はまだ当時は高校生でなにも存じ上げなかったのですが、その先生はある流儀の皆伝を受けた数少ない貴重な方だったようです。

私は武術をやったといえるほどの人間ではないし、ただの下手の横好きという奴で私なんぞの話では…と思いましたが話すうちにお二方にも共通の知人、友人も多いことがわかり、武術談義に花が咲いて近所の料理屋にお誘いしてまで話しこんでしまった。
福猫祭の準備はあるは、聖天様のお迎えや仏具屋さんの来訪、参拝者もありで多忙を極めましたが、その中で摩利支天やヤタガラスや九字のお話も出て忙中閑ありのなんとも心楽しい一日でした。