金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

施餓鬼供養の功徳その163  善龍庵

 

  

 
大森先生、こんにちは。

 

8月8日からのお施餓鬼供養では

たいへんお世話になりました。

ありがとうございました。


主人の守護霊さまもご供養させて頂き嬉しいミラクルがありました。

主人はお酒が好きです。

それがお施餓鬼供養の初日に一年をとおしてほぼ毎日飲んでいるお酒が全く喉を通りませんでした。

本人も首を傾げてました(笑)

翌日の朝、主人が心妙な面持ちで「これは、そろそろ少し酒を控えなさいと言うことやなぁ、徐々に減らしていくわ」とぽつりと言いました。

毎日となると身体にさわるので私もすごく気になっていたところでした。

きっと主人の身体の事を心配して、守護霊さまが伝えて下さったのだと思いました。


そして期間中お盆のお墓参りをしました。

道中、主人と義母がご先祖様、故人のお話で楽しく盛り上がり、知らなかったお話をたくさん聞くことが出来て良かったです。

やはりご先祖様達も「まだかな、まだかな」と心待ちにして居られるのだと感じました。

こちらは大雨警報が出ていたので日をずらしたほうが良いのでは?と内心思っていたのですが、視界が遮られる程の激しい雨がお墓参りの時はちょうど小雨になり、ゆっくりお参りして、無事に家路に着くことが出来ました。

なによりのお陰様です。


大森先生、御同行の皆様におかれましては心より感謝申し上げます。


お忙しい中長くなってしまい、すみませんでした。

秋季彼岸会申込要項お送り下さるよう宜しくお願い致します。

 


f:id:oomorigijyou:20210919082450j:image