金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

選択肢の話

東大に落ちたので絶望して人を殺して死のうとした人がいた。

身勝手な悪人という以前に愚かな人だ。哀れな人だ。

こんな考えの人が東大に入ったにしても何ほどのこともあるまい。

私など大学に行けたことだけでも有難いと思っており、到底その心境はわからない。

だがわからなくていい。結構だと思っている。

 

何故人生の選択肢を限定するのか。

多くの場合、何々でないならもうダメというのは勝手な思い込みだ。

未来ある若い人ほどそれがいえる。

聖天様への祈願もそうあるべき、どうしても祈願が叶わない。どんなに頑張ってもダメなら、ぐずぐず愚痴を言わず別な道は用意されていると思うのが良い。

そこでおしまいなどと思うのはまちがいだ。