金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

最近の日本人はまこと愚かだ

news.yahoo.co.jp

この日、東京都知事選が告示され、都内各地でポスター掲示板への掲出が続々と始まった。都庁付近の掲示板には、ある無所属の候補の掲示場所に、ほぼ全裸の女性の局部などにシールが張られたような画像とともに「表現の自由」を主張するポスターが掲出された。  Xを通じ達増知事は「東京都知事選の公営ポスター掲示板に、ひどいポスターが貼られるのを見て、デモクラシーの危機を感じます」と切り出した。  続けて「アメリカの連邦議会議事堂に暴徒が乱入した事件が、アメリカのデモクラシーの危機を感じさせましたが、日本でも、日本的な形で、デモクラシーが損なわれている。『なんでもあり』は亡国への道」とつづった。

 

 

同感です。

海岸で泳ぐ我が子を撮影していても、女性の水着姿をとっていたのだろうとしょっ引かれる時代に全裸の女性ポスターは矛盾でしょう。

私はどちらかというと海岸の水泳風景撮影しただけでしょっ引かれるのはおかしいと思うけど、そもそもそれをいうなら撮影してはいけないような、目のやり場に困る姿で公衆のまえにあらわれることじたいダメでしょう。そちらの方こそしょっ引かないといけない。

そちらの方が公衆道徳に違背する。

みなさん大正時代の様にワンピースの水着で泳ぎませう。

 

一方で地方行政が国家の象徴たる陛下の御真影を焼いて表現の自由だなどといわせておく。

ふんどし姿の男性の祭り写真はセクハラだからとポスターを撤去する。

こういう矛盾があるのに訳も分からずマスコミ傀儡ですぐに騒ぐ、最近の日本人はまこと愚かだ。

脳みそあるのか?

幼稚で付和雷同して騒ぐ、小学生レベルのような国民に成り下がっている。

問題は日本人が日本人の頭で考えることをやめているからだ。

このままでは将来はどこかのもう少ししっかりした属国にでもなったほうがマシかもしれない。

 

例えば台湾と併合して台湾の方の自治領になるとか。(笑)

そう思うほどダメだ。

 

 

「お茶を入れるにも」

昨日はあるご老僧のお話を伝授阿闍梨様から伺いました。

もう亡くなられたのですが大変祈祷の達者だった方です。

 

阿闍梨様が若い頃お尋ねになったらお茶を入れてくれたりするのだが、お話が途切れると20分でも30分でも沈黙が続く。

 

だが少しも間が悪くない。

至って居心地がいい。

初対面で話長い時間途切れたらバツが悪いものだが・・・それで「では、そろそろおいとましましましょうか・・・?」ということにもなる。

だが居心地よくて全然そうならない。

だまったままいられる。

これはすごいことです。

 

後でその老僧のお話を聞いたら「お茶を入れるのもその方が幸せになって欲しい」とおもっていれられているのだそうだ。

想いはその人の空間を作る。

一念三千。

 

お不動様の羂索は本当は網?

今日はお不動様の羂索は本当は投網のようなものだと教えていただいた。

縄ではないらしい。

束ねていると縄に見えるだけということかな。

昔、六本木の古美術商に行ったら不空羂索観音らしき古い江戸期のお像で網を持っているのがあり、羂索だろうに網?なんて変だなと思っていたら・・・果たして正しかったんですね。それで。

 

 

漁師のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

二つの生死

最近の仏教学者も僧侶も「六道輪廻」や「生まれ変わり」を鼻で笑うようだから研究すらしないだろうが

人の生き死には二通りある。

一つは普通の生き死に、これは人でなくても動物でも一緒。

「分断生死」

つまり転生の原動力がカルマである世界。

いわゆる業業流転ということだ。

特に人間は色々生まれ変わる。動物は基本いつまでも同じ動物に変わるほかない。

その諸行が変わらないことと善悪の感覚がないことからそうなる。

同じカルマの道を歩みやすい。

それでも何らかのきっかけでそこから人間世界や、天界に行くのもいる。

 

この分断生死は生まれ変わるたびに記憶は全部リセット。

カルマのみ持ち越し。

仏道修行も縁に触れるところからやり直し。

悟りに至るまでにゲームオーヴァーしやすい。

 

もう一方は「変易生死」ヘンニャクショウジと読む。

こちらの転生の原動力は菩提心。

ただし、菩提心あればだれでもというわけでhない。

これはあるレベル(相当なハイレベルだが)まで悟りが進んだ者の生死。

いわゆる三界の束縛から離れた界外の菩薩の生死。

不退転地にいるので転生しても変わらずに修行の続きに過去世の記憶をもって邁進できる。

リセット無しで修行の続きができるわけだ。

ダライラマなどが過去の持ち物を選ぶことで決定要素になるのもそういうことでしょう。

何度も生まれ変わって一からやるのはしんどいし、先に進まないから、早くこのレベルに行きたいものだ。(笑)

 

スキャンダルは余り影響ないと思う

news.yahoo.co.jp

東京都知事選は都民ならぬ身の知らぬところだが、ここへきて小池氏に経歴問題の不利な証言やら告訴やら・・・

でもこういうのは思うほどダメージではないのだと思う。

少なくとも蓮舫氏勝利の決定的な要因はあまりならないでしょう。

 

要は過去の小池氏の都政に都民がうんざりしているか否かだ。それが大事!

 

誰がいいかは別にして私が都民だとしてもそれで考える。

経歴なんか大した興味なんかない。

概ねそうだろう。

人でも殺してれば別だが、政治家が嘘つきなのはよくある話だもの。(笑)

 

明日は伝法でお寺は休み

明日は伝法です。

受けに行く方です。少し遠方ですから一日お休み。

この間とうとう67歳になった。まだまだ勉強。

修行は一生。

私は祈祷一筋です。

学びは知的好奇心が旺盛なわけだからではないのです。

だから何でもかんでも学びたいというつもりは全くない。

もともと勉強大嫌いだし、学習の頭も決してよくはない。

興味のないことはまったくやらない主義。ましてこの年ですから。

 

私は祈祷を通して仏道を行きます。

それ以外の道はないも同然。

そのための学びのみは格別。

それに関係ないことには全然関心ない。それでいいと思う。

第一の脳味噌のキャパがない。(笑)

だから色々学びの機会はあるけどもうほとんど行きません。キリがないしね。

 

例えば内符を書くための梵字は正確に書きたい。

だが梵文学そのものにまでは興味などない。サンスクリットなんか学びません。

無理だし。

私には純粋に知識や教養をひろげるための勉強などをしている余裕はない。

それでも色々関係してきて避けて通れない学びも多いものです。

人間一生かけてもできることなんてタカが知れてるからね。