金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

仏道修行

当院では在家中心に可能な仏道修行を指導しています

人並みの幸せとは?

ある祈願寺の住職と話した。 むかし、ある行者さんから「この道に入ったら、まあ人並みの幸せは考えないほうはよい」という話を聞いたそうだ。 まあ、わたしも冗談半分で「この道は冥府魔道の道」というが、その心はあながち冗談ではない。 ここでいう「人並…

医者は病気しないか

ある行者さんが家族の祈願がうまくいかないで悩んでいたという話を聞いた。 身内のことすら叶わないのに…と思うのかもしれない。 私が思うに「医者は病気しないか?」ということだと思う。 人を治療する医師も本人は生身のただのひとでしょう。病気も怪我も…

行は楽でなくて当たり前だと思えば・・・

行のうちでもきついのが礼拝行。比叡山では三日で3000遍 籠山比丘一日3000遍。 堂内での行だが大峰登拝にも近い感じがする。 私は大井の大福生寺で二回、御山で一回、三回やったが何べんやってもきついです。 大福生寺では得度するものには皆課した。 在家の…

やればやるほどよいわけじゃない

写経10枚というと100枚書写する。念誦10万遍といえば30編やる。 1週間でやれと言えば三日でやる。 一見、良いようだがこういう人間は行を「勘ちがい」している。 やればやるほどいいと思うのだろうが、10枚なら10枚、十万遍なら十万遍なのだ。 こういう人は…

行者と守護者のおはなし

行者とし生きていくには見えない守護者の存在が必須だと思う。 指導霊と言ってもいい。 それは本尊とは別な存在。 仏菩薩や不動明王そのものではない。 実類の心霊だ。 多くは本尊と自分をつなぐ眷属。まあ、見えない世界のコンビだ。 でも前世は行者だった…

信仰の果ては得度と限らない

この間、存じ上げない方から得度について聞かれました。 別にうちで得度したいわけではないらしいので得度一般のお話。 そこで、まず信仰の先に必ず得度があるわけではない。 得度しないでも在家の信仰は信仰。 それでなにも悪くはないと申し上げた。 僧侶に…

バカと魚は口を開けたまま死ぬ。

最近、うちの講員さんでつまらない憶測で書き込みして、私の同門に叱られたものがおります。 本人からきつく叱られたと今日はじめて聞きました。 いい年をして実に恥ずかしい話だ。 私も顔に泥を塗られた思いですが、叱ってくれたことに深く感謝の想いです。…

礼拝行は好相行

当院では護身法加行として3000遍の礼拝行を課しています。 本来三千仏名経で礼拝するのがいいのですが読み方がむずかしいのと経本が手に入りにくいので「南無十一面観世音菩薩神変者」と唱えていただいております。 これは越の泰澄上人が常々お唱えした言葉…

准胝独部法は一生の宝です

ほかの宗教はどうかは知らないが仏教は信じること以上に行うことだ大事だ。 ただ、信じていますなどと口に言うのみでは仏教においては甚だ不足だ。 仏のみここころはご自分を信じて崇拝などしてもらいたいわけではなく、説く所の法を行ってもらいたいことの…

「もう吐くものはない」という夢 准胝独部法

准胝独部法をしている在家行者さん。 前は一日400辺がせいぜいでしんどくてしんどくて・・・200辺唱えるだけすごく苦痛だったらしい。 それが10万遍超えたらドンドン楽になったという。 1000辺も楽々できる。 夢の中で何か何度か吐くのだが、もう吐くもの…

「どこかで得度したい」方へ

相談でもまれに「どこかで得度したいと思っているんです。」という話をされる方がある。 私は「そうですか?じゃあ、どこかで得度できるといいですねえ。」でその話はおしまいにしている。 でも「どこかで」なんて言われて引き受ける人はいないと思いますね…

受信にシフト 私の祈祷

若いころは何でも強く祈り、信者さんの願いを神仏に迫る勢いで祈っていた。 効き目が出ないのは祈りに力がこもっていないからだ。とそう思っていた。 だがそれは大きな誤解だったときづいて祈りの態度を一変させた。 発信から受信にシフト。 神仏の心を受け…

辰年 龍神参拝

辰年で龍神参拝が一種のブーム。 そこで私の知っている範囲の良い龍神スポットを紹介しましょう。 まずは九州は高千穂の八大竜王水神社 www.hachiryu.jp ここと対とされる八大の宮。両社は車なら近いので是非両方行きたい。 八大竜王水神社は男性の神様、八…

縁を束ねるのは今ここ

死んだ家族は皆霊界でまとまって暮らしている? 残念だがそんなことはないと思う。 境涯や縁によってみな違う世界へ行く。 それが仏教の考えです。 色々な因縁の異なる人が出会うのはむしろこの世です。 ゆえに、殺してたべようとしている牛や豚が転生した親…

授戒の話 9 発菩提心真言 三昧耶戒真言 本尊真言             

五戒の伝授が終われば次に「発菩提心真言」を伝授します。 ここからは密教の伝授です。 発菩提真言は菩提心を堅固ならしめるものです。 菩提心をしっかり起こしたら、次に受けた戒が円成するために「三昧耶戒真言」を授与します。 この二つは勤行要集にも出…

授戒の話 8 不邪見戒

本来はここは一般には不飲酒戒です。 当院は不邪見を当てています。 酒を飲まないよりそのほうが重要だからです。 でも僧侶の中には得度祝いだからと宴会開いて酒飲んでドンチャン騒ぎしたりする人もあるようですがこれほど仏を馬鹿にした話はないでしょう。…

授戒の話 7不妄語戒

五戒の四番目 不妄語戒です。 ウソを言わない。 甚だしきは人を騙すというのは最悪です。 嘘つきは泥棒の始まりです。 そして一つウソを言うとそれを支えるウソを言わねばならず、いくつも嘘をつくようになるものです。 そしてしまいにばれる。 ばれればバツ…

授戒の話 6不邪淫戒

五戒の三番目、不邪淫戒は夫婦の道を乱さぬようにということです。 元来、僧侶は不淫戒で色欲は慎むべきものと言いますが、在家戒においてはもそうではない。 子孫や後の世を想えば夫婦の道は国の大本です。世俗のことでは極めて大事なことです。 色欲は基本…

授戒の話  5 不偸盗戒

五戒の二番目は不偸盗戒。 偸盗とは盗みのこと。 これも殺生と同じく、まともな人は人の金品を盗むことはまずないだろうけど。 でも無形のものはいっぱい盗む。 たとえば人の時間。 面倒な話や無駄な話をもちこんでだらだらと人様の時間を消費する。 「スミ…

悪魔祓いの実態

news.yahoo.co.jp ここまで凄いことにはならないが、霊障体質の人を何とかするには長い時間と労力がかかる。 実際エクソシズムを数年越しで行い死人まで出したケースもある。 これは映画化した。 神は絶対なるがゆえに途中で見切ってやめるということができ…

授戒の話 3 三帰三竟

「弟子某甲 尽未来際 帰依仏 帰依法 帰依僧」 といい、三帰戒ともいう。これを三遍繰り返す。 某甲はそれがしの意味 未来際を尽くすまで仏に帰依する 法に帰依する 僧に帰依する この三帰戒は一度受けたら「未来永劫」に続く。 仏教は永遠を見つめた教え。 …

准胝三七法伝授について

准胝三七延命法希望者は個別伝授とします。希望の方はお申し越しださい。 日時相談いたします 対象は講員で護身法、独部法で十万辺終わった方です。 ご祈祷法ではないですが修行者のご家族にご病人の方がいればご加護を受けられましょう。

戯論

魚の標本、昆虫の標本で生きた魚た昆虫はわからない。 それはあくまで魚や昆虫の死骸でしかない。 真如を「定義しよう」とするのも同じことだ。 「真如を知りたいんです。」などと言うが言語化して真如の標本が作りたいだけだ。 そこにどれほどの意味もない…

授戒の話2 懺悔する

四恩を礼拝したら、次に懺悔文を唱えます。 これは唱えるといっても戒師が読むのに次いであとを復唱する形。 我昔所造諸悪業皆由無始貪瞋癡従身語意之所生一切我今皆懺悔 我れ昔より造る所のもろもろの悪業は皆無始の貪瞋癡に由る。身語意より生ずる所なり、…

授戒の話 1四恩を礼拝する

授戒ってどんなことするのでしょう? あらましを申し上げます。 まず導師である私が登壇して授戒の趣旨を本尊様に申し上げる作法をします。 その間受者の方は正面を向いて座ります。 この時、受者は座蒲団は敷きません。 念珠や袈裟は授けてからつけていただ…

法を惜しまず

今日は密教学びに遠方から弟子が来て午前中に十八道行法を教えました。 最近はそういうことがままある。 まあ、良いことと思う。 伝法は条件に見合うなら惜しんではいけないという。 チベットなんかではむやみに教えてはいけないというのが三昧耶戒にあると…

今日は己巳日 田阪行者満行

今日は亥の月の己巳、おりから田阪行者が精霊供養を終わりました。 これで普通科の全ては終了 正味二年かからなかったのは早かった。追い越した先輩もある。 住み込みの行者が有利なこともあるが最速だ。 ところで亥も巳も弁天様に由来します。中でも今月は…

精進

「無我相」の話をすると「頑張って無我相を想う」とか「無我相に徹する」とかいう人がありますが、頑張っても無我相には至らない。 頑張るというのがそもそも無我相とは逆だ。(笑) 頑張るのはどなたですか? 「頑張って無我になる」って噴飯ものだ。 無我に…

千日を待って鍛とし万日を以て錬となす

わたしのようアホでもしているから加持祈祷など簡単と思うのか。 案外、軽く祈祷師になって教会など持てるものと思っているようだ。 中には定年後の「おこづかいかせぎ」で考えている人もいる。 バカバカしい。 ベつに他人様の老後のこづかいかせぎなんか指…

聲を盗る餓鬼

生霊供養3日目です。 精霊供養の道場は外陣ですが、今日お参りしたお弟子さん、般若心経を唱えようとしたが急に聲が出なくなって困惑。 これは餓鬼が声を盗るんですね。 それで声が出るようになったら、なんだか光明真言を唱えたくなって一杯唱えたとか。 今…