金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

仏道修行

当院では在家中心に可能な仏道修行を指導しています

道心なくして法は受けるべからず

むかしから密教の法を伝授されて遂行しないと大きな障碍になると言い伝えられている。 例えばよくいわれることだが、加行を途中で放棄すればその人の一生は挫折の形になって終わるという。 思うに因縁が処理されないまま放置される。手術が途中で開腹したま…

法と縁

私の師匠はいきなり「いついつ伝法する」といわれることがあった。 「来られません」というと「じゃあ仕方ないね」で終わりで2度はなかった。 代替えはなし。 すべてにおいてそういう授かり方をしてきたから私はヤリが降っても師匠が来いという日には行った…

観自在ということ

観音様は観自在菩薩といいます。 私が祈願するときも「観自在」はとても大事にします。 私は眉間にしわ寄せて念力込めるような祈りはしないと常々言って来ました。 そういうのはしても叶わない。 かわりになにをするか? 例えば信者さんが光に包まれるイメー…

カルマのクリアリングは甘くない

仏道修行の難しさ。 それは持っているカルマの浄化がはじまるとまらないということもある。 人によっては途端に色々な問題が一時に起こってくる。 経済、人間関係、健康・・・ 何で善い行為をしてこうなるのか?と思うだろうが、善い行為なればこそ、そうな…

犬 猫の修行

うちには動物が多くいる、猫もたくさんいるし、犬もいます。 職業行者になりたい人にはお世話必須の課題にしています。 犬でも猫でも自分の都合だけで可愛がる人はダメです。 その一方、忙しい時は邪魔だと言って𠮟りつけ怒鳴る。放り出す。 鳴いているのは…

地蔵菩薩本願経の読誦

「平素より大変お世話になっております。 先生がブログでご紹介されていました地蔵菩薩本願経の修行法21日間を満行致しました。 その日の夜、面白い夢を見ました。 どこかのスポーツスタジアムの真ん中に、四方を遥か天から垂らされた巨大な金蘭の布で囲まれ…

大威徳明王法と元三大師

k師が大威徳明王法を21ケ座修行したお札をくださいました。 ありがたし!験力感じます。 でも手に取るとこの人のお札はいつもみな元三大師のご加護が付いてくる。 守護神はそうしたものかな・・・ お大師様は牛鬼の姿を現したというから水牛に乗る大威徳明…

入我我入

本尊にお祈りするのに「入我我入」した方がいいのかとの質問。 少し密教の知識がおありの方でしょう。 この「入我我入」は平等観・入三昧事という言葉でも知られる。 密教の一番核の部分です。 在家はしてはだめ? いいえ、そんなことはない。密教を知らなく…

六度薫習

「スピリチュアル系のセミナーなどではすぐに使えるものを教えてくれたりするのに密教のトレーニングは何故時間がかかるのか?」という質問。 それは密教の行法は薫習によるからです。 心識に種字や三昧耶形、真言が定着し機能するまでやらないといけない。 …

コメントできません

よその阿闍梨さんのお弟子で「自分の師匠のやり方はどうなんだろう?」と聞きに来る人もいますが、それはコメントしないのがルールなんです。 どんなやり方であれ師たる阿闍梨さんならそれ相応の考えがあると考えるのが建前だからです・ やり方あり方は宗派…

出家は責任放棄の手段にあらず

「出家」とは家を出ると書く。 でも実際は家を出ないので「在家出家」などと言う意味不明の矛盾した言葉も横行する。 修行したい女性の中にはいっそ離婚をしてと考える人も時々あるが、果たしてそれで生活はできるのか? 実際離婚したら生活に追われて修行ど…

年齢と祈祷

年をとっても祈禱力とは衰えないものかという質問がありました。 もちろん寝たきりになってしまうとか病気になってしまえば祈祷どころではないでしょう。 そうなればもう自分が拝んでもらいたいくらいだもの。 ただ、祈祷自体は念力とも無関係だし、力む必要…

略法 小法

よく手伝ってくれた二人の弟子に特別に小法二種を授けた。 こういう簡単な法は誰でもできるのでは?と思うがさにあらず。 小法や略法は元がしっかりしているから略法なのだ。 加行しているからこそわかる。 してないのは密教の世界ではなにもはじまらない。 …

イメージ

密教ではイメージを使う。 種字と言われる梵字、本尊の働きを示す三昧耶形。具体的な仏菩薩の尊様。 真言の語感から受けるイメージ。印相の形、意味と結ぶ感触。 道場観と呼ばれている世界観。 逆に禅はそういうものをすべて離れる。 特に曹洞宗の禅の考えは…

神秘体験が常にあれば魔事とする。

念誦をしていて神秘体験などしたり、人からそれを聞いたりするとそういう体験を大事にする気持ちが生まれる。 それ自体はいいことですがあまりそれにこだわると自分の感覚中心の行をする。 それで行が進んだと勘違いする。 それは大きな間違いです。 体感的…

如法の第一は

今回のお施餓鬼は地蔵供に加えて七日間精霊供養までやってよかった。 通り一遍の供養では無理だったし、自分のクリアリングにもなってずいぶん楽になった。 やってみないとこればかりは普段はわからない。 供養は成功すれば人のことをしても自分も楽になるも…

体験・精霊供養 声がとられる感覚

二回にわたって精霊供養を伝授する。 今、お施餓鬼で行っているからちょうどグッドタイミングです。 二人の弟子に伝授しました。 実際の修法にも随喜(同座すること)してもらいました。 随喜してもらったのは現物を見学するためだけではないんです。 一緒にお…

豪潮さんの心に習って

豪潮さんは江戸時代、博多にいたお坊さんで准胝独部法の普及と宝筐印陀羅尼宝塔の八万四千基の建立を果たしたという方。 無論この塔の数は小さな泥塔のようなものも入れてだと思う。 豪潮さんが、准胝仏母と宝筐印陀羅尼、この二つにこだわったわけは多分、…

酒乱の金縛りの話

昨日弟子から「酒乱の人を金縛りにしてうまく効きました」という報告を受けた。 飲まなくなったのか。おとなしくなったのか は聞いていない。 でも酒乱はなかなか難しいが良く効いたと思う。 悪癖の「金縛り」というのは普段は思いつかなかったがそういう使…

フツーは信仰より家庭が大事に決まってる

稀に講員様宅で宗教が嫌いな人がいてもめる。あるいは別な信仰していて家族同士でいがみ合う。 でも、そこの問題はわたしには関係ないんですね。 私は別に家族に布教しなさいとも言わない。 あくまでその人の個人的問題。 それも自由にならないような家なら…

飯縄さまのご祈祷

最近は方位除けも含めて月例以外の方の祈願は飯縄様が主でしていますが、飯縄様は 大日如来 地蔵菩薩 不動明王 宇賀弁才天 摩利支天 荒神 荼枳尼天 に変じてくださる。 昔のヒーローもので「レインボーマン」というのがあったけどそんな感じ(笑) たとえば商…

精霊供養と九字

昨日は浴油終わって即「精霊供養」の伝授と「九字」の伝授。 精霊供養はカリキュラムの最終伝授です。ここからさきはいわば研究科。 「精霊供養」は平たく言えば施餓鬼法の豪華版。7日にわたって行う。 餓鬼が成仏していく様子をイメージするところが肝心。 …

行者の判断

ryona.hatenadiary.jp 上記の愛犬を失った方は当院の弟子のひとりです。 不動尊華水供でこの愛犬るびぃ君はじめ家族の健康などにおしなべて良い成績を出しましたがその後突然亡くなったとのことです。 亡くならない生き物はいないから、たとえいかに祈願して…

三毒を除くことが密教の祈願

浴油とは簡単に言うと尊天が香油のお風呂に入り、いろいろな煩悩の穢れ、業を除いて本来の大日如来のお徳をあらわすための行法です。 尊天自ら垢穢の魔王身を示現し、自ら本来は存在しないその穢れを洗って見せてくださるのです。 この間ご信徒であれば自ら…

神仏相手の外交官

加持祈祷ができても自分が霊験を起こせるわけではない。 できるのは神仏との折衝です。 いかに施主の意を伝えるか。いわば神仏を相手にした外交官です。 だから必ずしもすべてにおいて拝めば拝むほどいいわけでもない。 それほど拝まなくてもなるものもあれ…

理趣分を知る

当院にかよう研修生のブログです。 この人も一応祈祷免許の域に入りました。 ここにいう般若理趣分はわたしどもの小僧時代には触ることすらならぬと言われたお経です。(真言宗様で珍重する理趣経とは別なお経です) この人も理趣分の威力と恐ろしさをそろそろ…

星と台密の御修法

梅雨の晴れ間の夜空は潤いを帯びて実に美しいものです。冬の凛とした夜空とはまた違う趣ですね。 七月には七夕に向けて本命星を祈りますが、天台密教においては究極の本尊は北極星と北斗七星なのです。 これは東密が太陽の仏である大日如来を中心にするのに…

先達として

先達としての器量は先達として振る舞いがないなら育つわけがない。 古参の弟子と言えども弟子である。 師としては常に弟子に必要な経験を積ましめるのがその役目だ。 先に上願寺に護摩加行者の火消三昧の検分をさせたが、次の彼らの課題である「不動尊華水供…

不動尊のありがたさ

コロナのご祈祷。なってしまった方は今まで青面金剛供で祈っています。 普段の祈願は青面金剛供まではほとんど拝まない。 骨蒸病と言って昔で言う肺炎の特効薬的祈祷とされています。 我が智証大師は特に力入れられ三井の秘法のひとつともいう。 さすがに効…

プラスαという誤解

自分一人で行をしているなら何をしようとすべては自分に返ってくるのだからそれでいい。 だが師匠ができたらそれは許されない。 勝手にどんどんやるなら師匠はいらない。 自分は行もできる、霊感もある。優れた人間だ。だけどいまだ師はない。 だからしかる…