金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

仏道修行

当院では在家中心に可能な仏道修行を指導しています

法華経を読めば冥衆降臨す

どうしても行をしたいというので出だしに法華経の全巻読誦をするように指示した弟子が、読みだしたら霊が来て・・・という。 この御経だけじゃなく宝筐印陀羅尼が必要なのではないか?と言ってくる。 さらに施餓鬼しなきゃダメなのでは?とかいってくる。 施…

顕教、五種の修業

どういう手順で修行してもらおうかと考えていた時に、霊狐さんが「法華経の五種法師の修行からさせよ」というので、最近見習いに入った人に法華経を上げてもらう。(誦)それが終われば訓読で読んでもらう。(読)それが終われば(書写)もしてもらうことも考えて…

理趣分1000座 満行者はほとんどいません。

理趣分1000座を顕教コースとしていますが、今までの間で終わった人は一人だけ。 残念ながらあとは授かったのみでもう何にもしていないようなのが実情のようです。 1000座と言っても基本密立てではないから印らしいものもほとんどない。読むだけみたいな…

真言念誦の繰り返しに思う。

近代インドの偉大な哲人クリシュナムルティはマントラを繰り返し唱えることは「コカ・コーラ」と唱えても同じことだと言われた。 彼は少年時代、神智学会で立ち上げた「金の星教団」で、弥勒の化身としてあがめられ、のちに自ら降りてしまった人です。 だか…

十一面様の信仰

十一面観音のような変化観音は聖観音と違って独特の個性がある。 十一面様は昔から拝みにくいという。 叡山文庫でも十一面観音の行軌は少ない 信者として拝むぶんには観音様は観音様でそう大差を感じないかもしれないが、行としてこれを拝むとそれを感じます…

胎蔵曼荼羅

胎蔵曼荼羅では中央に八葉蓮華があり諸如来や大日如来がいますが、あれだけが大日様ではない。 全部が、曼荼羅全部が大日様です。 まんなかが偉い仏様で順次、菩薩や明王など・・・ 一番外の最外院は中台八葉の大日様から一番遠い存在であるような鬼神や餓鬼…

密教修法に無駄はない その2

作法なんかどうでもいいから効き目のあるご真言だけ教えてほしいという依頼。 そんなもの教えたっておそらく効験はない。 だが、ご当人はいろいろ前方便や供養法で印を結んですることなんか、ただの儀式で大事なのは真言だと思っているようだ。 もちろんそう…

密教 基本としての不動供

台密の加行は例外なく不動明王の十八道から始まる。 三井流などは胎蔵界、金剛界まで不動明王。護摩も当然不動明王。 それだけ大事にする。 私の師匠は事業としてのお不動さんはずっと持っていくべきだと言っていました。 だから祈祷するなら本尊はどなたで…

三千佛礼拝

当院では護身法を受けたい講員様には三千佛礼拝をしていただいています。 3000回、五体投地して仏名をお唱えするものです。 一日最低100仏で30日で終わらないといけません。比叡山の行院のように三日で終わっても結構です。 私は大福生寺で得度者が出る…

霊感者こそ心を空に・・

霊感者という資質はとかく、感受性が鋭いので色々なものを感じてしまう。 頭の中も常に想念がやまない人が多い。 だから例えばそういう人が病気で寝ていれば病気以上に想念が乱れて苦しむ。 心が壊れた受信機のようななる。 様々な余計なわけわからぬ観念が…

准胝独部法で心が晴れる

先ほどのお加持した人。 密教やりたい。拝むのが好き。 理由はいろいろある。 以前信仰していたお寺で拝んでもらって霊験を見た。 当院で授けた准胝独部法で心が大変朗らかになったという。 心の風通しがよくなったという。 こんな功徳があるなら是非密教を…

准胝独部法で霊験を見る

久しぶりに10万遍独部法に挑む人が出ました。その体験談です。 まだまだこれから先は長いのですが・・ 「羽田先生お世話様でございます。お札をお送り下さりありがとうございました。准胝様の独部法はピッチをあげると続かなくなりそうですので、マイペース…

法の空振り

この行者さんにこの法こそ授けてあげたいと思ってもその人が法に見合わないと空振りする。 例えばお金に事欠いているから増益のとっておきの秘法をと思っても授けても全く効かない。 敬愛法でも同じこと。 法は人の器に見合わねば効験がない。だから加行も終…

行の意味

しゃかりきというか、何でも一生懸命な人がいる。 念誦でも読経でもお山参り、巡礼でももうどんな行でもさっさとこなしてくる。 このお経を百巻読めと言えば数日で終わる。念誦を10万遍させてもあっという間にやる。それでさあ、次は何をしましょうという人…

道心なくして法は受けるべからず

むかしから密教の法を伝授されて遂行しないと大きな障碍になると言い伝えられている。 例えばよくいわれることだが、加行を途中で放棄すればその人の一生は挫折の形になって終わるという。 思うに因縁が処理されないまま放置される。手術が途中で開腹したま…

法と縁

私の師匠はいきなり「いついつ伝法する」といわれることがあった。 「来られません」というと「じゃあ仕方ないね」で終わりで2度はなかった。 代替えはなし。 すべてにおいてそういう授かり方をしてきたから私はヤリが降っても師匠が来いという日には行った…

観自在ということ

観音様は観自在菩薩といいます。 私が祈願するときも「観自在」はとても大事にします。 私は眉間にしわ寄せて念力込めるような祈りはしないと常々言って来ました。 そういうのはしても叶わない。 かわりになにをするか? 例えば信者さんが光に包まれるイメー…

カルマのクリアリングは甘くない

仏道修行の難しさ。 それは持っているカルマの浄化がはじまるとまらないということもある。 人によっては途端に色々な問題が一時に起こってくる。 経済、人間関係、健康・・・ 何で善い行為をしてこうなるのか?と思うだろうが、善い行為なればこそ、そうな…

犬 猫の修行

うちには動物が多くいる、猫もたくさんいるし、犬もいます。 職業行者になりたい人にはお世話必須の課題にしています。 犬でも猫でも自分の都合だけで可愛がる人はダメです。 その一方、忙しい時は邪魔だと言って𠮟りつけ怒鳴る。放り出す。 鳴いているのは…

地蔵菩薩本願経の読誦

「平素より大変お世話になっております。 先生がブログでご紹介されていました地蔵菩薩本願経の修行法21日間を満行致しました。 その日の夜、面白い夢を見ました。 どこかのスポーツスタジアムの真ん中に、四方を遥か天から垂らされた巨大な金蘭の布で囲まれ…

大威徳明王法と元三大師

k師が大威徳明王法を21ケ座修行したお札をくださいました。 ありがたし!験力感じます。 でも手に取るとこの人のお札はいつもみな元三大師のご加護が付いてくる。 守護神はそうしたものかな・・・ お大師様は牛鬼の姿を現したというから水牛に乗る大威徳明…

入我我入

本尊にお祈りするのに「入我我入」した方がいいのかとの質問。 少し密教の知識がおありの方でしょう。 この「入我我入」は平等観・入三昧事という言葉でも知られる。 密教の一番核の部分です。 在家はしてはだめ? いいえ、そんなことはない。密教を知らなく…

六度薫習

「スピリチュアル系のセミナーなどではすぐに使えるものを教えてくれたりするのに密教のトレーニングは何故時間がかかるのか?」という質問。 それは密教の行法は薫習によるからです。 心識に種字や三昧耶形、真言が定着し機能するまでやらないといけない。 …

コメントできません

よその阿闍梨さんのお弟子で「自分の師匠のやり方はどうなんだろう?」と聞きに来る人もいますが、それはコメントしないのがルールなんです。 どんなやり方であれ師たる阿闍梨さんならそれ相応の考えがあると考えるのが建前だからです・ やり方あり方は宗派…

出家は責任放棄の手段にあらず

「出家」とは家を出ると書く。 でも実際は家を出ないので「在家出家」などと言う意味不明の矛盾した言葉も横行する。 修行したい女性の中にはいっそ離婚をしてと考える人も時々あるが、果たしてそれで生活はできるのか? 実際離婚したら生活に追われて修行ど…

年齢と祈祷

年をとっても祈禱力とは衰えないものかという質問がありました。 もちろん寝たきりになってしまうとか病気になってしまえば祈祷どころではないでしょう。 そうなればもう自分が拝んでもらいたいくらいだもの。 ただ、祈祷自体は念力とも無関係だし、力む必要…

略法 小法

よく手伝ってくれた二人の弟子に特別に小法二種を授けた。 こういう簡単な法は誰でもできるのでは?と思うがさにあらず。 小法や略法は元がしっかりしているから略法なのだ。 加行しているからこそわかる。 してないのは密教の世界ではなにもはじまらない。 …

イメージ

密教ではイメージを使う。 種字と言われる梵字、本尊の働きを示す三昧耶形。具体的な仏菩薩の尊様。 真言の語感から受けるイメージ。印相の形、意味と結ぶ感触。 道場観と呼ばれている世界観。 逆に禅はそういうものをすべて離れる。 特に曹洞宗の禅の考えは…

神秘体験が常にあれば魔事とする。

念誦をしていて神秘体験などしたり、人からそれを聞いたりするとそういう体験を大事にする気持ちが生まれる。 それ自体はいいことですがあまりそれにこだわると自分の感覚中心の行をする。 それで行が進んだと勘違いする。 それは大きな間違いです。 体感的…

如法の第一は

今回のお施餓鬼は地蔵供に加えて七日間精霊供養までやってよかった。 通り一遍の供養では無理だったし、自分のクリアリングにもなってずいぶん楽になった。 やってみないとこればかりは普段はわからない。 供養は成功すれば人のことをしても自分も楽になるも…