金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

聖天信仰

失敗しない聖天信仰についての秘訣集

聖天様の縁

聖天様のご縁というのは宿世からの結果。 師匠はよくそういわれた。 興教大師 覚鑁さまもまた歓喜天をして「機縁の至り、感涙抑えがたし」といっている。 だから中にはいくらお願いしてもどういう訳か何にも起きない人、何一つかなわない人もいる。 かと思え…

聖天様の怖さ

聖天様は新たかだけど怖い神様として知られていますけど、本当に怖いのはご利益をもらった方。それも大きなご利益。たとえば所帯が大きな会社なんか軌道に乗って順調なだけでも本当は大変なご加護が働いている。 だけど順調が続くと人はそれは当たり前のよう…

聖天様のメッセージを受け取る

京都西陣聖天の谷田先生が知人のある問題のことにかかわって手助けしようとしたら、やおら胸に「いらぬことに手を出してはならぬ!」と厳しい警告が来たという。 「これって聖天様でしょうかね。・・・思い込みかな?霊狐さんの場合はどんなですか?」といわ…

当院の聖天信仰についての誤解

ある講員様。 今日お参りくださったが・・・ その方はここ毎月、お参りだけきちんと見える。 何か心願があるのかとお尋ねしたら・・・ 「他所のお寺で一回でも聖天様を拝んだら、もう金翅鳥院では聖天様は絶対に拝んでもらえない」ものと思っていたそうです…

お護摩と浴油

お護摩と浴油とどちらをしたほうがいいか?はどういうふうにされていますかと聞かれました。 まあ、お護摩はする方は多いと思うけど浴油はそんなにはいないですね。 絶対にどっちが上とかはない。 組み立てから言えば聖天尊には普通護摩がなくその部分に浴油…

子嶋聖天

子嶋聖天を取りに京都に参りました。 子嶋寺の真興さんの感得だそうです。 子嶋流を起こした方です。 子嶋流自体が聖天法のために起こした流儀ともいうそうです。 真興さんは聖天供を祈ったが思うような効験がなく「私に恥をかかしたな!おのれ、こうしてく…

神仏に頼るのも手遅れはある。

日本人は病気でもなんでもどうにも手がなくなると神様に頼る。 でもそれじゃ手遅れが多い。 占いで見てもこれは・・・もうだめだねと分かる。 ある台湾の人と話したら、台湾では大きい病気は医者、漢方、御寺参りを並行する人が多いみたい。 それが本当だと…

ある講員様の聖天信仰

「羽田先生、 お世話になります。講員の○○です。 先日はアパートを含む家相と三宝荒神様の祠について面談頂き有り 難うございました。お陰様で、今すぐにとは行きませんが、 誤りなく家系を良い方向に建て直して行くための貴重な指針を得る ことができました…

人生の勝利者

「密教の教えに大成功して大金持ちになり何でも手に入れられる身分を獲得する方法はありませんか?」 「そういうのはありません。」 「では人生の勝利者になる方法はないのですか?聖天供とかはそのためにするのではないのですか?」 「人生の勝利者とはそう…

仏道から離れた聖天尊の導き

もう何年も前のこと、得度の書類まで出してから急遽やめた女性がいた。 この人、聖天様に思い入れがあり聖天供をやりたいとまで言っていた。山修行にも行った。 もともと修験の在家修行のようなこともされていた。 意気込みは大いにあった。 それが突如書類…

聖天様にあげていいお経は?

聖天様に療痔病咒経を上げていいのかという質問が松江堂さんにきたそうです。 松江堂さんでは一時オリジナル造って疫病退散のために配っていましたからですね。 同じように「お不動さん信仰なのだけど観音経をあげてはいけないのか?」と言うような類の質問…

テンションとご祈祷

聖天さまの祈願はいきなり大きな祈祷を頼む人もいれば、、小さいとご祈祷からと言う方もいます。 まあ、講員様のことなら浴油くらいは普通しますが・・・ どれを頼んでも基本頼む人の自由なのですが例外的に口挟むこともある。 なぜなら祈祷って言うのは基本…

聖天供の隠し味

この方は聖天様の姉上、伎芸天・大自在天の髻から出現されたので大自在天頂生天女ともいいます。 聖天供の御利益が遅いとき念誦するという伝がある。 聖天供の隠し味です。 インドで長くヨーガ修行した井口師にいわせるとヒンドゥーでは大自在天つまりシヴァ…

水歓喜天供の準備

今年も大詰め。世間ではクリスマスも終っちゃいましたね。 聖天信仰の一年の締めくくり 「水歓喜天供」で報恩謝徳 聖天信仰の全員にお札が出ます 聖天様の信仰はこれということがなくてもキッチリお礼をしておくことが大事です。 まあ、聖天様へのお歳暮みた…

心底は知れている

うまくいかなくなるとすぐに信仰を捨てる人がいます。 聖天さまの信仰でもそう。 自分の信仰している聖天様で行き詰まるととどこかいい聖天様はないかとすぐにもう心が騒ぎだす。 辛抱と言うものがまるでない。 色々試したいのかもしれないけど源は一つの曼…

浴油の油でドーナッツ

キックボクシングの平塚大士さんがお手伝いに来て帰りに聖天様の浴油の油もらっていいですか?と言うので持って行ってもらった。 そしたらサーターアンダーギー風のドーナツ作ったとのこと。 ゴマ油ですがギーとハチミツとクローブなどの香料入ってる「蘇蜜…

祈願はいつまで?

あるお施主様から聖天様のご祈祷は何月までしてほしいと頼まれました。 以前10月までということで祈願しましたが何か思うところあって、その折来年春までと延長されました。 それから二か月 ここにきてまた運気に大きな動きがあるようでご本人も尊天の不思議…

どうしてそれを祈るのか?

かなり昔だが学校の体育の授業が嫌で体育館に火を放った生徒がいた。 体育の授業に出ないで済むためには授業ができなりさえすればいいのだと考えたのだろう。 実に愚かな考えだが悪い方向に思いが煮詰まると大人でも容易に同じ考えをする。 そしてこれも大部…

心意気でする信仰

聖天様の大きな御利益をもらっている人を見るとやはりお金に糸目をつけずにどんと聖天様に賭けるような人が多い。 こういうとお金さえ使えば御利益がある、大きい祈願さえすれば御利益がいただけると思いがちだがそれは全く違います。 聖天様はお金自体には…

聖天様を忘れない。

聖天様は我々人間に近い感情をお持ちです。 とっても人懐こい方です。情の濃い方です。 だから常に忘れてはいけない。 私の師匠はご信徒さんに「どこかに遊びに行ったら聖天様にお土産を忘れなさんな。 数はいらない、高くなくていい。自分がおいしいなと思…

当随得衛護

夜になって講員様から「歓喜童子の香合守りつけてうっかりトイレに持って入ってしまった!えらいことした。どうしましょう。」 と言うお電話を頂いた。 尊天は不浄を嫌うから・・・というから心配されたのでしょうけどそんなのは別に大丈夫。 それでは戸外だ…

もう一つ上の聖天信仰 象頭人身

聖天様にはふつうあれこれ祈願する。 商売繁盛、受験合格、身体健康、良縁成就などなど それは普通のことですが・・・・その拝み方次第k叶う叶わないはあるのではないかと思います。 聖天様の御利生の特徴は、それがいつも信者さまそのものに向けられている…

聖天厨子修復なる。

お施主さんの御寄進で聖天厨子の修復ができました。有り難い限りです。 本体は茅ケ崎市・愛和工業様の御寄進で 天覆と油除けは岩手県八幡平市・あさひ薬局様の御寄進でできました。 明日から聖天供。グッドタイミング。

どこの聖天様を拝むか

聖天信仰するときはどこの聖天様がいいか? 足はこんでください。 実際手を合わせて見て場を感じてピンとくるところにして下さい。 ネットで御利益あった!なんて書いてあるからと言うのは必ずしもお勧めしない。 信仰に関しては自分と人の因縁は別ですから…

ご縁はワンチャンスかも。

私の師匠の話です。 ある人が聖天信仰止めて別な信仰に行った人が戻ってきた。もう一度信仰したいという。 そういう時には別に形の上ではOKでも、縁は別だよ・・・うまくいかないかもね。と言われた。 縁は一度きりのこともある。 特に聖天様はね。 だから元…

風狐 歓喜天を語ること

「歓喜天のほかの天尊に勝れて違うことはいかなることか? ふたりということだ。 我と汝 汝と我 汝は我の鏡なり 我は汝の鏡なり 立ち向かう人をば、かく思いなすことこそ夫婦二天の意味だ。 汝を我と思い、我をまた汝なりと思い心通わすことこそふたりなれば…

大聖歓喜天使咒法経偈 私註 その4

遊行得自在 隠顕能随念 出入無所礙 無能測量者遊行するに自在を得、よく念に随いて隠れ顕れ 出入りに障礙なし よく識量すること能わざるもの也 聖天さまの御利益はあるいは密かにあるいは露わに様々で行われますのでこれが御利益だとかそうでないとか我々の…

大聖歓喜天使咒法経偈 私註 その3 後半

「上品持我者 我与人中王 中品持我者 我与為帝師 下品持我者 富貴無窮巳」 上品に我をたもたつ者は我は人中の王たるを与え、中品に我をたもつ者は我は帝の師となるを与え、下品に我をたもたん者は富貴無窮ならしめん。 古来この一文をあげて上品、中品。下品…

大聖歓喜天使咒法経偈 私註 その3 前半

「宛然無所乏 有念皆称遂 随有咸満足 」宛然として乏しきところなし。念いあれば皆かなえ遂げん。 あるに従いて皆ことごとく満足す。 さながら乏しいところの無いように念ずるところをかなえてくださる。 ただし「有るに従いて」とあります。 有るに従いての…

大聖歓喜天使咒法経偈 私註 その2

「世皆所希有 有求色美者 発願宛然至 莫須言遠近」 世に皆稀有とするところ 色美を求むる者 発願すれば宛然として至る。 すべからく遠近を言うなかれ 珍しいものや得難いもの、遠近も関係なく願えば得せしめると言います。 昔の霊験記などでは貴重な得難い本…