金翅鳥院のブログ

天台寺門宗非法人の祈祷寺院です。

まあ、お茶でものみながら

仏教 日々の感想、出来事などつれづれに

お礼参りは祈願したところですべし!

仏教では大事なのは縁ということです。 だいぶ前に感謝祭申し込んだ外部の人がありました。 おぼえのない方でしたのて「なんのお礼ですか?」ときいたら、関西にいった時にあるお寺の十一面観音に祈願してもらって霊験があったのでという。 だからうちで願ほ…

我を生きる

お釈迦様は生まれてすぐ七歩歩いて「天上天下唯我独尊」といわれたとか。 無論、伝説だが「お釈迦様より偉い者はない」という意味にとるのは間違い。 この「我」は貴方であってもいい、私であってももいいのだ。 誰でも我はただ一人。だから「唯我」だ。 釈…

法話の法話

色々法話を考えるととかくただのきれいごとになる。 面白くもない行儀のよい道徳話になる。 法話をする人、聞く側の人という差別相がそういうつまらぬ法話を生む。 法話でなく呆話だ。 感謝して生きろ。 欲を慎み、怒りを捨て、おろかな迷いを捨てろ。 どれ…

一切皆苦の教え

人間は些細な嫌なことでも参ってしまうことがある。 いや、だいたいそうである。 例えば虫歯が痛いというだけでも寒気がしたり1日中憂鬱で不愉快だったりするようなものだ。 他のところはどうにもないのだから感謝すべきだなどと言われても耳に入るまい。 …

観世音の御慈悲

観音様の御慈悲はあなたが出来が良かろうが悪かろうが関係ない。 容姿端麗でもそうでなくても関係ない。 利口でもそうでなくても関係ない。 業が深くても浅くても関係ない。 たとえ前科があっても関係ない。 あなたが今よき人として生きようとのみ考えるなら…

K師を囲み会食予定

明日は知る人ぞ知る霊験いやちこな千葉のK師が所用でみえるので、ご挨拶すべく密教修行をこころざす弟子も集まり会食することに。 皆楽しみにしているようです。合掌。

映画「耳をすませば」

少し前ですが映画「耳をすませば」を見ました。 同名の宮崎アニメの続編で大人になった天沢聖司と小説家を目指す月島雫の実写物語。 アニメの世界から10年が過ぎて・・・海外で音楽活動に励む天沢はどんどん自分の道を行く。 そんな彼に引き比べて月島は・・…

懺悔は大切な癒し

自分が傷ついていることをしらないといけない。 そうでないと自分だけでなく必ず人を傷つけてしまう。 全ての攻撃は傷ついた人が行うのだ。 学校や会社のいじめからヒットラーやスターリンのした大量虐殺まで。 だから傷ついたら自分でケアする。 傷つくのは…

正直こそ

宗教者になりたいなら一番大事なのは信仰と正直な心だ。 真心と言ってもいい。 知識があるとか、利口だとかは飾りのようなものだ。 弁舌巧みで文筆の能があるのも同じくただの飾りだ。 霊感があるとか超能力があるとかも同じだ。 そんなものはあったところで…

欲と生

生きているということは欲があること。 欲なく生き物は生きることはできない。 大智の阿羅漢も同じだ。 実に涅槃に入るものはないという。 釈尊の涅槃でさえ方便だ。 ではだれが涅槃は入れるのか? ニルヴァーナはなしえない。 三世の諸仏は実は入滅などして…

殺生とは

生き物を殺すのが殺生なら病原菌を薬で殺すのはどうなんだろうという質問。 結論から言えば仏教のいう殺生の概念には当たらないと思う。当時の概念に病の本が細菌とは思われていない。 厳密には生き物を殺すのがそのまま殺生ではない。 それをいうなら野菜だ…

八大竜王の九字

八大龍王の九字というのがあるそうだけどあなたはそれ知ってるかと言われた。 ユー・チューブなんかでやっているの見たけど、まあ。基本的にはオーソドックスな九字ですね。文句をつける気はない。別にいいんじゃないかと思う。 ただ、私の場合は竜という字…

一切唯心造

若人欲了知 三世一切仏 応観法界性 一切唯心造 三世の諸仏もみなわが心の作るところという。 これは無神論者の神も仏も所詮は人間の空想の産物という意味とは全く違う。 仏をつくる心とは常の心ではない。 仏の心のみが仏を作るのだ。 妙法蓮華経方便品に「…

難儀には必ず学びがある。

難儀には必ず学びがある。 難儀がなければ学びはない。 難儀にあったらそれをよくよく研究すべきだ。 なら学びなどなくて難儀もない方がよいと思うかもしれない。 多くの人がもそう思うだろう。 だが世の中はそういうふうになってはいない。 難儀は世の常。 …

祈りと謙虚

祈りの心のあるところ人は謙虚になる。 祈りの心のないところに傲慢が生まれる。 何かの宗教に所属していても祈りのない人はある。 なにも特に信仰していなくても祈りのある人にはある。 祈りのない人をわたしは信じない。

合掌のなかにこそ

悲しい時も辛い時、そして腹立たしい時も・・・そんな時はただ合掌する。 合掌の内には仏がある。 仏様を見失いそうになったら合掌する。 偽りの感謝など口にしなくていい、辛いなら辛いまま、悲しいなら悲しいまま合掌しよう。 きれいごとなどいらぬ。罵り…

望まないことの楽 かなわないことの楽

丹精込めたことや気に言っているものや期待していることがダメになったりすると・・・ガッカリする。 それは当然だがよくよく自分の気持ちを観察すると失望と同時に変な話だが楽にもなる。 もう期待したり望んだりしないですむことは一面とても楽なことなの…

自分の慈悲一つで止めておく

親類縁者が重い病気なのでというので祈願を頼まれたが、聞いてみると先方は誰もお札を拝む人はいないという。 そもそも先方に祈願してほしいという声も何にもない。 心配で自分が頼みたいだけだという。 そんな状況でお札を送ってもどうにもならないので「や…

どういう祈願をすべきか

news.yahoo.co.jp 「死ねばいい」などと言えば二階先生が怒るのももっともだが、実際、二階先生に死んでもらいたいというようなこと言う人はいるでしょうね。 でもそれは人間としての二階氏というのでなく政治家としての二階氏にNOを出す人々でしょうね。 だ…

忿怒尊の選び方

神将や荒神、摩利支天、明王など忿怒尊を祀る時、とかく迫力あるお像を祀りたいという人は多い。 だがこれには程がある。 余りに怒りの表現がオーバーなものはよろしくない。 最近はただやたら怒りの表現ばかり強調して酒飲みのオヤジがただ怒鳴っているよう…

潮時

何もかも順調に何でも進んでいるときは危ない。潮時というものがある。必ず引き潮が近い。 上手くいかないときも潮目がある。潮目を見極めてそこから抜け出すことだ。 良くても悪くても時というものが必ずある。 見誤ってはならない。 そこではじめてするこ…

最近はこなくなった相談

さすがに長年言い続けてきたことが効いてきたようで、キツネがのりうつっているとか、誰それに呪詛されているという電話はほとんどこなくなった。 ハッキリ言って清々している。 そういうことを安易に言うがまま認めることは思い込みや症状を助長するおそれ…

因縁を作るものは貴方の選択

いま今日あるご自分をどう思うか?こんなはずではなかった。 思いもよらないことになった。 良くも悪くももそう思う人は多いようです。 でもそれもあなたが選んだ結果だと思う。 「ちょっと待ってよ。選んだ憶えないよ。選ぶも選ばないも自分はなにも人生で…

存在の意味

ひとは時々思いだしたように何のために生きるのかと問う。 生命の価値は何のために生きるかなどではない。生きるために生きる。 あなたが大変ちいさな存在でだれにも知られず生きていくとしてもそれは大した問題ではない。 そして誰にも知られずに死んでいく…

神仏を探しだす?

祈願が叶わないとしてしまいがちな間違い。 何か特殊な神仏を探し出して祀ればきっと祈願が叶うと期待するのは多分にまちがいだ。 何かそういう験や理由があれば別だが。 ただ自分の思いだけでご利益がありそうだと期待して次々と本尊を変える信仰はありえな…

軍持と賢瓶 十一面観音の姿に想う

十一面観音の持ち物あるいは三昧耶形である軍持はクンディという言葉の音写で壺を意味するが、日本では口のついた水瓶をいう。 仏具としてはこれは戒を顧みる布薩会で使う。 十一面観音は左手に軍持と蓮花をもち、右は施無畏の手にして数珠を持ちという。 軍…

鬼の話

鬼でいることだという話をしたが、もちろん鬼には良し悪しがある。 善鬼でないといけない。 悪鬼ではいけない。 どう違うのか? 悪鬼は自分が面白くないと鬼の本性を出す人。 普段は柔和でも自分のことだ毛で余裕を失うととたんに冷酷非情にふるまう。 暴悪…

鬼でいる大事さ

以前、会津の女性銃撃家「八重」を題材とした大河ドラマ「八重の桜」で八重の父の「ならぬことはならぬのです。」というセリフがあった。 このドラマの一貫したテーマでもあった。 そういうつもりではあるが・・・自分で甘いと思うことは多々ある。 少しくら…

縁なき衆生

話す程に話がうまく伝わらない人というのはいます。 外国語以上につたわらない。 そういう人と話すとややこしくなります。 人によっては話すほどにしまいに険悪にまでなる。でも理解しない。 縁なき衆生とはそういう人でしょう。 そう思って当たり障りのない…

瀬戸内寂聴師 亡くなって一年

news.yahoo.co.jp 「いざ死んだら、怖さも懐かしさも無になると私は思います。もちろん、まだ一度も死んでいないから、本当のところはわかりませんが、死んだら無という気がしますね」 上の言葉は文化人らしく、寂聴尼らしい言葉だと今も多くの知識人から支…